2007年09月28日

空想の森 映画祭

北海道の新得映画祭の渾身のリポートです!!

shin001.jpg


馬頭琴夜想曲 IN SHINTOKU 空想の森映画祭
『馬頭琴夜想曲』の初の地方公開は北海道のほぼ真ん中に
位置する新得町で行われる『SHITOKU空想の森映画祭』
から始まった。
僕は宣伝会社に欠員が出て、急遽この町を訪れること
になった。新得は東京都の半分の面積で人口、7千人、
しかし牛2万6千頭。
酪農が盛んで、その他にもそばの畑が多い。
古くは水田で米も
作っていたが、政府の減反政策により、昭和54年には完全に
水田は消え去ったとの事だ。
その他、「北の国から'98時代」で蛍が富良野の純のもとへ
金を借りに来、その後根室の落石に住む不倫相手の医者の
元へ行く為に釧路行きのJR特急(夜行)「おおぞら号」
(現在は特急「まりも号」)に乗るために純に車で送って
もらったのが新得駅との事だ。
峠を一つ超えると富良野である。

帯広空港から、車で1時間。地方の空洞化が叫ばれる中で、
この十勝地方にも少なからずその傷跡が残っているようだ。
病院は建設したものの、株主が途中で手をひき、
まったくのもぬけの殻の病院やら、ドイツから
本物の城を持ってきてものの今は誰も行かなくなり、
閉鎖したレジャー施設等。北海道の大自然より
そのような殺伐とした風景に
目がいってしまうのがなんとも悲しい。

shin002.jpg

SHITOKU空想の森映画祭』は今年で12回目を迎え、
主催者も日本で一番小さな
映画祭と自負する手弁当、文化祭のような雰囲気。
廃校になった小学校を舞台に北海道というよりは
宮崎駿の世界に訪れた気分だ。
この小学校は昭和47年に廃校になり、現在は新内ホール
という名称でコンサート、演劇で使われている。
校庭は芝生で覆われていて、緑が田舎の情景は高めている。
校門を抜けると、校舎側の一本のカシワの木がすぐ目に入る。
ここでこうして、何十年も生徒達を見守り、
そして誰もいなくなって
しまった今でもここにあるという、何でもない事に妙に心を
動かされた。

馬頭琴夜想曲は二日目の5時半からで、木村威夫監督が
急遽来れなくなったので美術監督の林隆さんを中心に、
宣伝会社のK氏とプロデューサー、3人での
トークショーを上映後、約1時間行った。
馬頭琴夜想曲はなかなか好評だったようで
観客は内容はよくわからないけれど、映像は綺麗だとか、
音楽がいい、とかそんな感想を上映後に聞いた。
ただ、トークショー中の質疑応答ではみんな
何を聞いていいのかわからなかったようで、何の質問も
なかったのが少し寂しかった。

shin004.jpg

上映後は、外のバーベキューに参加、地元の人達が
持ち寄ったビール、ワイン、焼酎、ジンギスカン等を
ごちそうになった。地元といっても、新得の人は
少なくて、帯広、札幌から来ている人が大半だった。
みんな、この小学校に泊まったり、校庭にテントをはったり
といった具合で帰る必要がないので、
とにかく勢いよく呑む。東京から来た僕らも都会では
味わえない解放感を感じた。
K氏は少し離れた所の焚き火に取り憑かれてしまったようで、
集めてきた流木を休むことなく、
次から次えと燃えさかる火の中に投げこんで
いくので、火が人の大きさくらいに大きくなってしまった。
慌てた地元の人達はすぐに止めに入っていった。
そのまま彼ら3人は11時頃には、ホテルに戻ってしまったが、
僕は折角なので、彼との時間を過ごそうと思い、
残って呑み続ける事にした。そのまま、楽しく呑み続けること、
夜中の3時まで、遂に潰れかかった
僕を親切な人が、近くのスタッフ用の小屋まで連れて
行ってくれた。そのまま、寝袋に包まれ、眠りに入った。
次の日、目覚めると完全に二日酔い。酒がまったく
抜けていなかった。地元の人達と別れるのは名残惜し
かったが、昼前には会場を後にした。
平時とかわらない、仕事のメンバーだったので、
北海道に行ったという
実感はついにわかず、遠くの渋谷イメージフォーラム
という感じだったが、
大自然と地元の人達の交流で爽やかな気分で
東京に帰ることができた。

shin003.jpg


一日一回1クリックお願いします!

banner_02.gif




posted by airplane at 12:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

CL 決勝 リヴァプール対ミラン

やはりこの大舞台での決勝戦、フットボールの神髄を
カイマみる事ができた。
すなわち不条理という事。監督同士の知恵比べでは、
完全にベニテスの勝利。それはハーフタイム中の
ベニテスのコメントがすべてを物語ってる、
「完全に試合を支配していた。何を直せばいいのか」
この決勝戦で、ベニテスが用意した策は、
将棋の禁じ手とされる千日手を思わせる
ミランの今期の象徴である1トップの下にカカーの
位置にジェラードを配置するフォーメーション。
その上で、両サイドにゼンデンとペナントを配置、
ガットューゾのいないミランの左サイドから
再三後期を作り出していたが、最後の線をミランに阻まれる。
アンチェロッティは何もしてない、いや出来なかったのか。
いつものミラン、この日はセードルフがあまりよくなかったので、
まさに戦術はカカー。

戦術では完全に勝っていたが、カカーとインザーギにやれてしまう。
前半、カカーにボールが渡ったのは2回ほど、その内一回で、
セットプレーを奪う。
まさに、不条理。ベニテスのコンピューターは完全にショート
してしまったのだろう。
実際には、後半カイトに変えクラウチを投入、中盤を厚くしたまま
ミランの厭がる
高さで勝負という手もあったはずだ。

このマスチェラーノに変えて、クラウチという失策によって、
カカの前にはスペースが出来き、
カカとインザーギにやれれて撃沈。あっけなく、CLの決勝は
終わった。

これで今期のCLも終わりな訳だが、ミランの勝ち上がり方は先のW杯の
イタリアを思わせる勝負強さだった。
フットボールでかつという事を知り尽くした、選手と指揮官、
イタリアの伝統を感じずにはいられない1年だった。


一日一回1クリックお願いします!
banner_02.gif
posted by airplane at 14:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

AIRPLANE今昔物語

001airkon.tiff.jpg

→携帯壁紙はこちら



CDのニューリリースも近づいてきて
忙しくなってきた。
このレーベルで働く前はインディーズ
レーベルの営業など、思いもつかなかったし、
読者も多分ご存知ないだろうが、
実はタワーレコードや、HMV、あるいは個人のお店等
を一件、一件回っているのである。
さすがに、直接行けるのは、都内近郊に限られるから
地方の店は、郵送で資料を送り、電話で注文をとる。
まさか、音楽レーベルで働くようになって、
一番多い仕事が電話営業だとは、予想もしなかった。

私の初めての営業は、千葉の西船橋にある小さなCD屋だった。
この頃は、一番ペーペーの駆け出しの身だったので、
随分と余裕もあり、営業だけしておればよかったので、
気のおもむくまま、総武線を西に向かった訳で、
いい加減に電車に乗るのが、飽きたのが、西船橋で
いい加減なものだった。
関係ないことだが、高校生の時に初めて、渋谷に来た時も
今のディスクユニオンの前にある交番の裏の汚い
ラーメン屋で飯を食ったし、高円寺に初めていった時も
『T陸』という汚いラーメン屋で飯を食った、この店は
さらに、ゴキブリが壁を歩いてた。

話がだいぶそれてしまった。

初めての営業はそれで、西船橋から、東へ、
江戸川区の新小岩まで、各駅で降りてCD屋を探すという
なんとものんびりしたものだった。
新小岩についたのは、すでに夜も7時半頃で、
さすがにその日は一枚も売れてない訳であるが、
手ぶらで帰るという訳にもいかず、この新小岩でなんとか
1枚で売ってやろうという野望に燃えていた.....

続く

一日一回1クリックお願いしま
す!
banner_02.gif
posted by airplane at 11:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

日本対イエメン

ishhi001.jpg

→携帯壁紙はこちら


トリニダード・トバゴ戦、週末のJリーグ、新潟への移動、
代表での練習と試合当日の熱さと湿度からか、
前半は選手の動きがない。前半飛ばし過ぎて
後半にガズ欠になったトリニダード・トバゴ戦の
反省もあったのか、前半の選手の動きでは、
動く事で、スペースを作り、そのスペースを
突くようなオシムの目指すサッカーが具現化できる
はずもなく、グダグタな攻撃が続く、
それでも、何度か決定機はあったのだが、
あいかわらずの決定力不足.......
このあたりは監督が変わっても
選手が変わるわけでもない。しかし前監督時代と比べて、
守備は格段に安定したように思えるし、
まだまだ向上しそうで、これはもう格段の進歩と
いえるかもしれない。攻撃のために4バックではなく、
守備のバランスの続きを読む
posted by airplane at 12:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

代表23人

0206BAR10.jpg

→携帯壁紙はこちら


久保の落選は残念だ。ただしコンディションを考えれば
妥当な決断だろう。彼の落選は彼個人の悲劇だけでなく
日本の、そしてジーコの悲劇とならぬように選ばれた
メンバーは奮起しなくてはならない。
松井の落選もショックではある。彼の場合は玉田が本来の
動きを取り戻した事で、途中投入でドリブルという個人の
力で流れを変える事のできる選手という考えによるだろう。
この松井落選という事実から、W杯のスタメンそして
途中投入のプランも垣間見れる事ができる。
システムは4-4-2、GK、DFはスコットランド戦のメンバー
MFは後が福西、中田、前が中村、小笠原。FWは高原、柳沢と
なるのではないだろうか。
W杯は途中交代は3人までとなると、負けか引き分けの状況
ならば、中田の交代はまずない、そして中村も一発がある
という状況で、変えられるオプションは高原、柳沢、小笠原
となる。小笠原の控えを仮に小野とすると中田を一列上げて、
ボランチに入れるとか、様々な選択肢がある。個人での突破
を考えた場合、FWのどちらかに変えて玉田、さらに最後に
大黒の一発に期待するとなるか、巻のパワープレイでゴリ押し
を選択すると、これで3人終わってしまう。
それでも、私的には、フランスの1部リーグでスタメンの
松井の実力は評価するべきだと思うが。

もっと若い選手を入れるべきという声もあるようだが、
現在の日本でもっとも期待の出来るメンバーをという
ジーコ監督をここは評価したい。世代交代は一日で為せる
ものではない。但し次ぎの監督は現在のチームを解体しつつ
新たな若い世代を育てていかなければならないだろう。

このチームが真剣勝負の場でどれだけの力を発揮できるのか
私自身はまったく判らない。05年のコンフェデではいい
サッカーをみせてくれたが、あの大会が真の真剣勝負では
ばい事は明らか。そうなると、アジア予選での戦いのみが
真剣勝負という事になるが、この場合は日本の方が実力は
上での戦い。格上相手の試合でどれだけの力を出せるかは
未知数だ。ただし、ジーコ監督になってからはヨーロッパ
での成績がよいのと、親善試合では度々強豪国と互角に
戦っている事を考えると、期待してもいいのではないかと
淡い思いにもかられてしまう。

おもしろかった方、1クリックお願いします!
banner_02.gif

posted by airplane at 19:19| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ■エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

佐立努の故郷を訪ねる

ishonomaki.jpg

→携帯壁紙はこちら



今日は佐立努の故郷石巻を訪ねた時のリポートです。

石巻と牡鹿半島を旅してきた。
天気にもめぐまれ、田植え前の田んぼと畑が
続く風景を堪能してきた。
柔らかな陽光につつまれた、田園風景。
畑ではじいさん、ばあさんが野良仕事をしている。
この風景を手に入れたい欲望にかられ、
僕はとりつかれたように、続きを読む
posted by airplane at 13:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

やっぱりtalktrash1

0205BAr04.jpg

→携帯壁紙はこちら


今日はインタビューでおなじみもmassyさんの
エッセイです。ジャグバンドについて解説しています。
どうぞ!

「毎日寒い日が続いている今日この頃ですが、
みなさんどうお過ごしでしょうか?
こんにちは始めまして、Massyといいます。
これからこのエアプレーンレーベルのblogからづらづらと
話をさせてもらいますので、
どうかひとつよろしくお願いしますう!

で最近のボクはと言うと"腹痛及びダルさ、
時々発熱"という続きを読む
posted by airplane at 18:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

人間まんぢう(ハード) w/カレーソース

nman240.jpg

音の悲しい事のニンゲンマンから、エッセイが届きましたので
みなさん是非!!

ニンゲンマン、って思いついたのはもう十年以上前のこと。
軽い不条理的な言葉遊びが好きだ。ごはん丼とか、
そんなやつ。
阿部公房をよく読んだ。箱男とか、好きだ。

好きなものが多い。
色々なおいしいもの、例えば笹塚のエムズカレーの野菜カレー。
甘く辛く深くさわやか。
気持ちのいい音、続きを読む
posted by airplane at 18:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。