2007年12月14日

FIFA クラブワールドカップ 浦和レッズ対ACミラン

浦和レッズ対ACミラン、この妙な感じはなんだろう。
日本のクラブチームが、ヨーロッパのクラブチームと
公式戦で対戦するのは、初めてなのだから当たり前
続きを読む
posted by airplane at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

アジアカップ2007 日本対カタール

オーストラリアが引き分け、ベトナムがUAEに勝利、
この2試合を観ていたので、日本も危ないと思っていたら
この結果。
前半はオーストラリア同様、体がまったく動かない。
あの暑さと湿度、無理もないだろう。
そして相手は引いて体力温存し、ここぞという時の
カウンター、この相手に勝ったとして
何の意味があるのか?
とか、世界に出れば日本は格下なのに、アジアでは
相手に引かれてしまい、欧州、南米との試合との
試合つまりW杯のシュミューレションにもならない。
コパ・アメリカも同時にみているが、やはり同じスポーツ
なのかというくらい、スピード、テクニック、パワーが
違いすぎる。
昨日のカタールだって、アルゼンチンなら、6点取って
いただろう。
メッシがサイドから、ドリブルし、細かいパスで中央を
こじ開け、リケルメがズドン!
なんて空想に時間を費やしてしまったくらい退屈な試合。

後半は決定機を何度か作っていたが、決まったのは高原の1本だけ。
羽生、山岸は動きがいいだけに最後のフィニッシュが.....
これでは柳沢と一緒だ!と思いながら憤慨するも、
最後は、阿倍のミスから1点献上。宮本がいたらと.....
どうにも、古井戸を思い出してしまう1試合だった。

しかし、これが現実なんだと、とにかく新しい選手の成長を
期待するしかない。

選手交代は山岸→羽生はよかったが、中村憲→橋本は
結果的にはあまりよくなかったようだ。
ストライカー、例えば、巻、佐藤、あたりを中村憲にかえて
遠藤をボランチでという選択肢もあったように思える。

次にもし負ければ、アジアカップはサヨナラになってしまう
いきなりの崖っぷち。暑さで、走るサッカーがまったく
機能せず、予選敗退なんて事にならないように。

一日一回1クリックお願いしま
す!
banner_02.gif
posted by airplane at 11:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ■サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

日本対ペルー

07A001.jpg

日本対ペルー

俊輔、高原の初招集という事で世間的には
多いに注目が集まったゲーム。中継は最近
TBSが多かったが、久々にテレ朝。
あの執拗なもでの煽りは健在だった。
解説はセルジオ越後、松木のコンビ。

個人的には、俊輔、高原が加わりどのように
オシムのサッカーが変化するのかという
所に注目。
去年のサウジ戦でみれたような、
人とボールが、早く動くサッカーは
なりを潜め、中盤でのボール回しでは
すべて俊輔を経由する。
続きを読む
ラベル:セルジオ越後
posted by airplane at 15:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

サウジアラビア対日本 ホーム

saug001.jpg

携帯壁紙はこちら


すでに何日もたってしまい。試合後の興奮はどこかに
行ってしまった。
今回のコラムを書くに当たって、前回のアウェーの
サウジアラビア戦の文章を読み直してみた.
いくつか興味深かったのは、前回の対戦では
攻撃の連携がうまくいってなかった事と
ディフェンス面では、中央のスペースを使われていた事。
駒野が後半完全にバテていた事や、クロスの精確さが
ない等。

まず、攻撃面では今回はホームということや、
環境のよさ、チームプレーのイメージの共有といった面から
格段に進歩したと言えるだろう。
特に駒野と今野のプレーが輝いて見えた。今野に至っては、
2点目のアシストと、3点目はアシストのアシストと、
攻撃的なセンスもある琴を証明した。
守備面では前回の対戦と同じように、中央のスペースを
使われていたのが気になる。
あいかわらずサウジはサイド攻撃というものをほとんど
してこないが。

このチームを見て、いつも感じるのは、生真面目という事。
それが前任者のチームと格段に違う点だろう。
チーム内に競争があり、どんな場面でも、手を抜かない。
それはもちろんいい事だが、3−1というリードしていている、
後半の場面で、前にくるサウジに対して、正面から挑むのは
いかがなものかとも思う。
もう少し、スピードを落とし、キープするなり、
相手が’嫌がるプレーというのもあってもいいのではないか、
ケガもしていないのに、痛がって、時間を稼ぐのは、
あまりいいプレイとは言えないだろうが、
こういう状況ではありではないか?

もしかりに、そういうプレーをする選手がいたならば、
チームの中で浮いてしまう、
やはり、その当たりに、日本のチームの未成熟な部分が
あるような気がする。

オシム監督には、戦術面でけでなく、精神面でも日本の
チームを導いてくれる事を期待したい。

おもしろかった方、1クリック
お願いします!
banner_02.gif
posted by airplane at 13:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

オジム初黒星 日本対サウジアラビア

sauzi001.jpg

→携帯壁紙はこちら


やはり負ける時は負けるものだ。特に立ち上がりの
15分を抜かしては、アウェーにもかかわらず
日本の方が優位に試合を運んでいたのだから、
いつかは点が入るだろうと踏んでいたが、
サウジの固い守りと、GKのファインセーブ、続きを読む
posted by airplane at 16:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ■サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

オシムジャパンとアイロニー

0612cafe009.jpg

→携帯壁紙はこちら


水曜日の日本対トリニダート・トバゴ。
録画に失敗してしまい前半25分からの観戦。
すでにサントスが2点決めた後で、
明らかに、運動量が落ちたであろう選手たちが
画面に写っている。
この点に関しては、ゲーム後の監督会見でもオシムが
語ったようにサッカーは90分のゲームなんだよという
事に尽きると思う。相手が明らかに、
やる気がないので攻められる続きを読む
posted by airplane at 16:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | ■サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

日本VSブルガリア

0205BAr04.jpg
→携帯壁紙はこちら


w杯前の貴重な親善試合。トルシエ監督や、山本監督なら
選手選考のための最終テストという位置づけだと思うが、
ジーコ監督にとっては国内組の現在の調子を見るための
試合との事で、あいかわらずい目的があいまいだ。
とはいえ当落線上の選手は一縷の望みにかけて奮起する
訳で、巻や阿部はまともに見れないくらいの痛々しさが
伝わってきた。

試合の方は開始早々の1点目が痛い。試合開始すぐは続きを読む
posted by airplane at 10:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

日本対アメリカ 日本に守る文化なし

02BAR05.jpg

→携帯壁紙はこちら


先週の金曜日に新宿ゴールデン街にて、
朝まで呑んだくれ、相当な二日酔いで、
日本対アメリカをテレビで観戦した。
前半の辛い内容にも、酔っているからか、
あまり絶望感が無い。立ち上がりの10分程は
調子が良かったとの事だが、ここのあたり
記憶がない。続きを読む
posted by airplane at 14:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。