2007年12月14日

FIFA クラブワールドカップ 浦和レッズ対ACミラン

浦和レッズ対ACミラン、この妙な感じはなんだろう。
日本のクラブチームが、ヨーロッパのクラブチームと
公式戦で対戦するのは、初めてなのだから当たり前
なのだが。しかし、これは通常考えられている以上
に重要な事はではないだろうか。すでにサッカーの
進化は代表チームからクラブチームに移ったと言われて
久しい。ワールドカップには3度出場したが、しかし
現在の欧州の先端ではない。CLこそが、現在の
サッカーの最高峰である。そのチャンピオンと試合するのだ
、僕は日本サッカーにおける黒船ぐらいの衝撃ではないかと
思う。僕はインテリスタなので、ミランに肩入れ
するつもりもなかく、もちろん浦和を
心の底から応援していたが、だからこそ、全力で
ぶつかって見事に粉砕されてほしかった。昨日の
ボカの試合を見る前にふと、アフリカやアジアのチーム
にも闘い方次第ではチャンスがあるんじゃないかと、
思ったが、ボカの試合をみて、その考えがまったく
の誤りである事を認めざるを得なかった。
たぶん、浦和は100回試合しても勝てないだろう。
それぐらいの、時間にして100年の差があるように
感じた。それにしても、ミランの不甲斐なさが目に
ついてしまう。今期セリアAで、10位というのも
なっとくだ。ジラルディーノはまったくダメで、
攻撃はカカだのみ。オッドのクラスは常に宇宙開発だった。
カカ頼みなのは、5月のCLからまったく変わっておらず、
あの時僕は戦術はカカと書いたが、昨日の試合もまったく
その通りの試合だった。
一方の浦和は本当に健闘したと思う、しかし、
バイタルエリアでシュートを打たしてもらった事があったか?
決定的なシーンは結局一度もなかった。
僕の不満はオジェック監督だ。1点差で負けてるというのに
守備的な形は変えない。多分あそこで攻撃的にいったとしても
それこそ、ミランの思うつぼで、カウンターで何点も
とられてしまっただろう、しかし、長期的な日本のサッカーを
考えた場合、もっと決定的な敗北は必要だったと思う。
なんとか、形だけは1-0にして、俺の責任は果たした的な
采配には本当にあきれた。まあ確率論としては、守備的なままで
奇跡を待つ方が追いつく可能性はあるかもしれないが、
それでは、選手に絶対に勝つんだというメッセージが
伝わらないではないか。
ベンチに適材がいないという事もわかるが,,,なんとも無念である。

この100年の差をなんとか20年で埋めて行くには、
どうすればいいのだろう。欧州で活躍する日本人を増やすこと。
そのためには、サッカー界全体の底上げが必要。
サッカー協会の仕事は多いだのに、ここで岡田監督とは,,,,,
時計の針を自ら戻してしまうとは、常に目先の事しか考えられないのか。
となりの韓国は無理を承知で、サッキ氏に監督を打診したという。
これぐらいの無謀さも時には必要なんではないだろうか。

posted by airplane at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。