2007年07月10日

アジアカップ2007 日本対カタール

オーストラリアが引き分け、ベトナムがUAEに勝利、
この2試合を観ていたので、日本も危ないと思っていたら
この結果。
前半はオーストラリア同様、体がまったく動かない。
あの暑さと湿度、無理もないだろう。
そして相手は引いて体力温存し、ここぞという時の
カウンター、この相手に勝ったとして
何の意味があるのか?
とか、世界に出れば日本は格下なのに、アジアでは
相手に引かれてしまい、欧州、南米との試合との
試合つまりW杯のシュミューレションにもならない。
コパ・アメリカも同時にみているが、やはり同じスポーツ
なのかというくらい、スピード、テクニック、パワーが
違いすぎる。
昨日のカタールだって、アルゼンチンなら、6点取って
いただろう。
メッシがサイドから、ドリブルし、細かいパスで中央を
こじ開け、リケルメがズドン!
なんて空想に時間を費やしてしまったくらい退屈な試合。

後半は決定機を何度か作っていたが、決まったのは高原の1本だけ。
羽生、山岸は動きがいいだけに最後のフィニッシュが.....
これでは柳沢と一緒だ!と思いながら憤慨するも、
最後は、阿倍のミスから1点献上。宮本がいたらと.....
どうにも、古井戸を思い出してしまう1試合だった。

しかし、これが現実なんだと、とにかく新しい選手の成長を
期待するしかない。

選手交代は山岸→羽生はよかったが、中村憲→橋本は
結果的にはあまりよくなかったようだ。
ストライカー、例えば、巻、佐藤、あたりを中村憲にかえて
遠藤をボランチでという選択肢もあったように思える。

次にもし負ければ、アジアカップはサヨナラになってしまう
いきなりの崖っぷち。暑さで、走るサッカーがまったく
機能せず、予選敗退なんて事にならないように。

一日一回1クリックお願いしま
す!
banner_02.gif
posted by airplane at 11:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ■サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47308308

この記事へのトラックバック

チェリー脱出!!!
Excerpt: とうとう俺もチェリーコンプレックス脱出!
Weblog: はやしだ
Tracked: 2007-07-10 13:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。