2007年03月30日

性の猟奇モダン―日本変態研究往来 /秋田昌美

478723087.jpg

ノイズアーティスト『MERZBOW』として名高い
秋田昌美氏は性の文化研究本の著者としても
知られている。この「性の猟奇モダン―日本変態研究往来」
もその中の一つ。
サブタイトルで既に吹き出しそうになってしまうが、
本文中では、氏の重厚かつ軽妙ないい回しで、
さらに抱腹絶倒もの。
エロ・グロ・ナンセンスという言葉は誰しもが
一度は聞いた事があるだろうが、本書はその
時代、戦前、特に大正、昭和初期の性をめぐる
状況を解説した内容だ。
中村古峡、斉藤昌三、梅原北明、伊藤晴雨等の
性のパイアニア達が登場する。
この時代は、エロをやるという事はイコール
反権力を意味したのだという。
発禁覚悟で、次々と出版されるエロ・グロ雑誌には
現在では存在しないようなパワーが込められていた
のだろう。
本書に登場する、エロ出版王こと梅原北明の
出版する『変態資料』という雑誌は日本の
インテリ、貴族階級に読まれていたという
事実からも、この時代の雰囲気が伝わってくる。

氏は現在のエロをめぐる状況に不満を感じている
事は確かなのだが、本書からはその辺りは
明かされない。
ヒントしては、本書にも登場する孤高の責めの
芸術家こと伊藤晴雨の江戸の粋的エロスに
シンパシーを感じているようだ。


一日一回1クリックお願いします!
banner_02.gif
posted by airplane at 18:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■BOOK レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。