2007年03月26日

日本対ペルー

07A001.jpg

日本対ペルー

俊輔、高原の初招集という事で世間的には
多いに注目が集まったゲーム。中継は最近
TBSが多かったが、久々にテレ朝。
あの執拗なもでの煽りは健在だった。
解説はセルジオ越後、松木のコンビ。

個人的には、俊輔、高原が加わりどのように
オシムのサッカーが変化するのかという
所に注目。
去年のサウジ戦でみれたような、
人とボールが、早く動くサッカーは
なりを潜め、中盤でのボール回しでは
すべて俊輔を経由する。
慣れない4-4-2のせいもあるのかもしれない。
カウンターにもろさを露呈するいつもの
オシムサッカーよりも、安定度は
ある。これも4バックのせいか。
普通の危なげないサッカーに見えた。

この布陣での弱点は明らかで、
ツーボランチの阿部と鈴木に、パスの
展開力がない。
後半中村憲が入ってからは、後方からの
組み立てが生まれた。まるで、AC
ミランのピルロのようだ。
彼のサッカーセンスは、ずば抜けているかも
しれない。
広いグランドを見渡し、ゲームを組み立てる能力。
これは、中田、俊輔にはなかった才能だ。
彼等は、最後のスルーパスは特異だが、
ゲームメーカーではない気がする。

こうなってくると、中村憲を中盤の底に
鈴木と、もう一人、セードルフのような
パワとスピードのあるタフなミッドフィルダーを
加えたミラン布陣がみてみたい。
カカ役はもちろん俊輔。

ところで、このチームは鈴木が、ほとんどストッパー
役で攻撃に参加しないのだから、両サイドバックは
もっと攻撃参加しないといけない。
左サイドの駒は動きはいいのだが、クロスの精度に
課題が残るというか、もう少し頭を柔軟にした方が
いいのではないか。
動きが真面目すぎるというか。
マリファナでもやって、少し頭を軽くした方が創造的な
プレーができるような気がする。
右サイドの加治は、体調が悪いのか、俊輔のカヴー
が不安だったのか、ほとんど攻撃参加はなかった。

得点はいづれもセットプレーからと、
改めてその力を見せつけた俊輔だが、このままでは
オシムの目指すサッカーには必要ないともとれる。
すでにオシムが試合後の会見ではなしたように
シンプルなプレーが必要だろう。
しかし、シンプルなプレーをする俊輔は俊輔なのか?
俊輔が俊輔であるのは、90分の中で一回か2回でいい
というのが、サッカーの面白い所だ。


一日一回1クリックお願いします!

banner_02.gif
posted by airplane at 15:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36909285

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。