2006年11月20日

サウジアラビア対日本 ホーム

saug001.jpg

携帯壁紙はこちら


すでに何日もたってしまい。試合後の興奮はどこかに
行ってしまった。
今回のコラムを書くに当たって、前回のアウェーの
サウジアラビア戦の文章を読み直してみた.
いくつか興味深かったのは、前回の対戦では
攻撃の連携がうまくいってなかった事と
ディフェンス面では、中央のスペースを使われていた事。
駒野が後半完全にバテていた事や、クロスの精確さが
ない等。

まず、攻撃面では今回はホームということや、
環境のよさ、チームプレーのイメージの共有といった面から
格段に進歩したと言えるだろう。
特に駒野と今野のプレーが輝いて見えた。今野に至っては、
2点目のアシストと、3点目はアシストのアシストと、
攻撃的なセンスもある琴を証明した。
守備面では前回の対戦と同じように、中央のスペースを
使われていたのが気になる。
あいかわらずサウジはサイド攻撃というものをほとんど
してこないが。

このチームを見て、いつも感じるのは、生真面目という事。
それが前任者のチームと格段に違う点だろう。
チーム内に競争があり、どんな場面でも、手を抜かない。
それはもちろんいい事だが、3−1というリードしていている、
後半の場面で、前にくるサウジに対して、正面から挑むのは
いかがなものかとも思う。
もう少し、スピードを落とし、キープするなり、
相手が’嫌がるプレーというのもあってもいいのではないか、
ケガもしていないのに、痛がって、時間を稼ぐのは、
あまりいいプレイとは言えないだろうが、
こういう状況ではありではないか?

もしかりに、そういうプレーをする選手がいたならば、
チームの中で浮いてしまう、
やはり、その当たりに、日本のチームの未成熟な部分が
あるような気がする。

オシム監督には、戦術面でけでなく、精神面でも日本の
チームを導いてくれる事を期待したい。

おもしろかった方、1クリック
お願いします!
banner_02.gif
posted by airplane at 13:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。