2006年11月06日

喜多直毅インタビュー 第2回



喜多直毅のインタビューの2回目をお届けします。
今回はこれまでの喜多直毅の歩みを存分に語ってもらいました!

apx1003blog用.jpg

完璧なタンゴ奏法のテクニックと
類いまれな即興能力を兼ね備えた驚異のヴァイオリニスト
喜多直毅が放つ究極のヴァイオリン・ミュージック。
ジャズ・フュージョンの疾走感と即興性、
タンゴやアラブ音楽で培われた表現力、
プログレを彷佛とさせる刺激的なリズムなどが
渾然一体となった喜多ワールドが全開。
超実力派ミュージシャンを共演者に迎え、
アグレッシブ且つ繊細な
弓さばきが縦横無尽に繰り広げられる。

このアルバムのご購入はこちら
http://www.airplanelabel.com/cdlists/apx1003.html
http://www.airplanemusicstore.jp/artists/17.html(ダウンロード)

一日一回1クリックお願いします!
banner_02.gif

posted by airplane at 11:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■アーティストインタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26864810

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。