2006年09月04日

オジム初黒星 日本対サウジアラビア

sauzi001.jpg

→携帯壁紙はこちら


やはり負ける時は負けるものだ。特に立ち上がりの
15分を抜かしては、アウェーにもかかわらず
日本の方が優位に試合を運んでいたのだから、
いつかは点が入るだろうと踏んでいたが、
サウジの固い守りと、GKのファインセーブ、日本の
FWの決定力不足から遂にノーゴールに終わった。
サウジはサイド攻撃等ほとんど使わず、個人技か
カウンターのみというサッカーで、あまりレベル
が高い訳ではない。もちろん選手のレベルは高い。
立ち上がり何分かで、すぐにイエメンとは全然違うなと。

後半のサウジアラビアのゴールも、アンラッキーな面と
必然的な面とがあり、全体的にみるとサウジアラビアに
運があったと考えるべきか。
必然的な面は日本が前に人数をかけていたのと
どういう訳かディフェンスラインの前の真ん中に
スペースができてしまい、そこを使われてしまった。

攻撃ではサイドを崩してというイメージはこちらにも
伝わってきたが、クロスの精度が相変わらずで.....
これには、試合後のオシムの会見でも、考えずに
クロスをいれてしまう、悪しき癖であると言ったいた。
決定的な場面は田中達也のゴール前での突進が
実際のところはほとんどで、チームとしてゴールまで
道筋は当然ながらまだまだった。
人もボールも動くダイレクトなパスワークも時折でていて
これが完成したら、ほんとに面白いなとは思える。
ただアグレッシブさでは日本が上回っていたし、
先に足が止まっていたのは、ホームのサウジだった。

後半左サイドの駒野が完全にガス欠を起こしていたので、
巻に故障がなければ、左サイドにフレッシュな人材を
投入したいところだっただろう。
このチームはまだ完全に実験段階であり、昨日の
敗戦は計算内だと思うが、この日程で
中東2連戦はほんとうにキツイと思う。
高地でのイエメン戦大丈夫か。

おもしろかった方、1クリックお願いします!
banner_02.gif

posted by airplane at 16:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ■サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

サウジアラビアに0-1で負け
Excerpt: やってもぉたぁー( ̄□ ̄;)!! 前半途中で寝てしまってるし・・・_| ̄|○ 過ぎてしまったものはしょうがないか・・・。 アジアカップ予選、アウェー2試合の内まずはサウジアラビア..
Weblog: サッカー日本代表応援
Tracked: 2006-09-04 19:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。