2006年08月17日

日本対イエメン

ishhi001.jpg

→携帯壁紙はこちら


トリニダード・トバゴ戦、週末のJリーグ、新潟への移動、
代表での練習と試合当日の熱さと湿度からか、
前半は選手の動きがない。前半飛ばし過ぎて
後半にガズ欠になったトリニダード・トバゴ戦の
反省もあったのか、前半の選手の動きでは、
動く事で、スペースを作り、そのスペースを
突くようなオシムの目指すサッカーが具現化できる
はずもなく、グダグタな攻撃が続く、
それでも、何度か決定機はあったのだが、
あいかわらずの決定力不足.......
このあたりは監督が変わっても
選手が変わるわけでもない。しかし前監督時代と比べて、
守備は格段に安定したように思えるし、
まだまだ向上しそうで、これはもう格段の進歩と
いえるかもしれない。攻撃のために4バックではなく、
守備のバランスのための4バック。守備的ミッドフィルダーの
存在。
後半は千葉勢の羽生の投入によって、
ようやく動きのあるサッカーになった。しかし決定力が,,,
セットプレーからの2点ではあるが、絶好の位置からの
直接FKでもあれだけ回数があるなら
1点ぐらいは入りそうなものだが。

引いてくるアジアの格下相手に苦戦するというのは、
ジーコ時代からまったく変わっていない現象だが、
その中からでも確実にジーコ時代にはなかった
モダンサッカーの動きを感じる。オシムの試合後の会見では、
現在のサッカーでは、エレガントかつ効率的なサッカーを
具現化しているのはバルセロナだけという事でその他の
チームは効率的なサッカーを目指さなければならないと。
これはもう先のW杯で、何も出来なかった現実を考えればもっともな
事で、とにかく組織的で、
堅実な守備ベースのチームを期待しっている。

しかし今回あらためて日本サッカーの
今後の伸びを期待していく場合このようなアジアの
格下との戦いがどれだけ、W杯での格上との
本気の戦いでの糧になるのか?まったくならないどころか、
返って悪影響なのではないかという懸念が強く残る。

おもしろかった方、1クリックお願いします!
banner_02.gif


posted by airplane at 12:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22450870

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。