2006年06月15日

スペイン対ウクライナ

0612cafe004.jpg

→携帯壁紙はこちら


今回の予選リーグの試合の中でも、屈指の好カード
と期待していたのだが、結果はご存じの通り4-0で
スペインの圧勝。若さ溢れるチームは最後まで
攻撃の手を緩め
なかった。
w杯ヨーロッパ予選を前回の3位のトルコや、
欧州王者のギリシャを蹴散らして、勝ち上がってき
ただけに、ウクライナには相当期待していた。
そのウクライナの戦術は4バック、4ミッド
フィルダーで2ラインを形成して、強固な守備から、
エースのシェフチェンコや一気にロングパス、
そしてズドーンというところだろう。

ウクライナの敗因はスペインの中盤に自由を与え
過ぎた事だろう。熱さのためたのか、
体がまったく動いていない。
しかし、熱さ以上に精神的な
面が大きく作用したの
ではないかと、僕は見ている。
w杯初出場の緊張は序盤相当あったのではないだろうか
アタフタしている間にコーナーキックから一失点。
4分後はフリーキックが見方の壁にあたり、
不運な形での失点。これで完全に浮き足だったと
思う。選手の個々の技術ではスペインの選手の方が
上であろうから、ボールをキープされたまま、何も
できない内に前半が終わってしまった。
後半は一気に二人の選手を変え、ここからという
時にPKを与えてしまい。退場と1点を献上。
あまりにも不運な試合展開である。
サッカーの神様はまったくウクライナに微笑まなかった。

反対にスペインの方はどうだろう、昨日の試合では
プレッシャーも少なかったため、面白いように
パスが回っていた。(ほとんど一方的な展開なのに、
最後まで、飽きずに楽しめたのは、このスペインの
魅力的なプレイスタイルだからだろう。)
個人の能力でもビジャ等のドリブルの輝きは
思わず、『それだ!』と心の中で叫んでしまうぐらい
魅了された。
完全に優勝候補だと、言いたい所だが、そこは
スペインである。期待してもいつも裏切られてしまう。
ただ今回こそは期待できるのではないだろうか
という要素もある。今まで国内で活躍する選手で
構成されていたチームだが、ここにきてプレミアリーグ
で活躍する選手が主力となっている。
今まで、国内リーグで敵対するバルサとレアル
の選手が代表チームの主力だっため、チームとしての
まとまりが今一つ欠いていたのだが、今回は
その心配がないようだ。
中盤にプレッシャーがかかってきた時、相手が
負けないサッカーを展開してきた時にでも
スペインの強さを発揮できれば、相当期待しても
いいのではないだろうか。

おもしろかった方、1クリックお願いします!
banner_02.gif


posted by airplane at 18:53| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■w杯特集  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。