2006年06月12日

オーストラリア戦 プレビュー

0612cafe001.jpg

→携帯壁紙はこちら

大会4日目となる今日はいよいよ日本が登場する。
果たして今日はいかなる戦いになるのか、マスコミを
含めオーストラリア脅威論が多数をしめているようである。
負けた時の気持ちの保険のために、相手を大きくみるのも
分かるし、オーストラリアはイングランドで
プレーする選手も多く、個々の能力では日本を勝っている
ように思えるし、監督はあのヒディングだ。

しかし、今日はジーコとそのファミリー達の折角の晴れの
舞台だし、勝利を信じようじゃないか。そんな心境である。
そこで、いくつかのポジティブな面を考えてみよう。

まず試合前会見でのジーコの表情、これが最高だった。
何の曇りもない、穏やかで、晴れがましい、顔つきである。
まるで、少年のようだ。日本の監督に就任いらい、月日が
立つとともに、眉間の皺が増え、髪の毛は減る一方だった
ジーコだが、ここに来て、輝いていた頃の自身に満ちた
顔つきに戻ってきた。いい顔だ、やるべき事はすべてやった
という充実した顔つき。表情だけではない、実はこの
W杯の準備期間の合宿でも、ジーコは相当変わっていた、
もしくは、今まで本気ではなかった?、相手を想定した
戦術練習や、守備の確認を自らの指揮で徹底して行って
いたようである。今までは、ミニゲームとシュート練習の
イメージしかなかったが、ここに来てさすがに動いてきた。
これはチームの連係、連動性という意味でもかなり期待
できるのではないだろうか。

もう一つのポジティブな面は他のゲームを見ている内に
気付いたのだが、『経験』これがW杯という大舞台では
大きくモノをいうようだという事。アルゼンチン対
コートジボワールは見ていて、本当にそう思った。
精神的には、大人と思春期の高校生の試合を
みているようだった。技術的にはそこまで差はない。
コートジボワールはとにかく正攻法というか、
自分達のサッカー、フランズ人監督仕込みのモダン
フットボールでガンガンやっていたが、あれでは、
南米の抜け目ないサッカーに勝てない。
アリゼンチンまで、老獪にプレーしろと言っても
できるものではないが、ほとんどw杯初心者である
オーストラリア相手に大人のゲーム運びを日本に
は期待したい。それと、今大会は前半で試合が決まって
しまうケースが多いようである。

立ち上がりから、カウンターを狙っていけば、
自ずとゴールチャンスは生まれてくるだろう。

あとは川口を中心とした気合いの守備の幸運を祈る
だけである。
希望も込めて予想スコアは1-0で日本の勝ちという事で。


おもしろかった方、1クリックお願いします!
banner_02.gif
posted by airplane at 17:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■w杯特集  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19172267

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。