2006年05月16日

代表23人

0206BAR10.jpg

→携帯壁紙はこちら


久保の落選は残念だ。ただしコンディションを考えれば
妥当な決断だろう。彼の落選は彼個人の悲劇だけでなく
日本の、そしてジーコの悲劇とならぬように選ばれた
メンバーは奮起しなくてはならない。
松井の落選もショックではある。彼の場合は玉田が本来の
動きを取り戻した事で、途中投入でドリブルという個人の
力で流れを変える事のできる選手という考えによるだろう。
この松井落選という事実から、W杯のスタメンそして
途中投入のプランも垣間見れる事ができる。
システムは4-4-2、GK、DFはスコットランド戦のメンバー
MFは後が福西、中田、前が中村、小笠原。FWは高原、柳沢と
なるのではないだろうか。
W杯は途中交代は3人までとなると、負けか引き分けの状況
ならば、中田の交代はまずない、そして中村も一発がある
という状況で、変えられるオプションは高原、柳沢、小笠原
となる。小笠原の控えを仮に小野とすると中田を一列上げて、
ボランチに入れるとか、様々な選択肢がある。個人での突破
を考えた場合、FWのどちらかに変えて玉田、さらに最後に
大黒の一発に期待するとなるか、巻のパワープレイでゴリ押し
を選択すると、これで3人終わってしまう。
それでも、私的には、フランスの1部リーグでスタメンの
松井の実力は評価するべきだと思うが。

もっと若い選手を入れるべきという声もあるようだが、
現在の日本でもっとも期待の出来るメンバーをという
ジーコ監督をここは評価したい。世代交代は一日で為せる
ものではない。但し次ぎの監督は現在のチームを解体しつつ
新たな若い世代を育てていかなければならないだろう。

このチームが真剣勝負の場でどれだけの力を発揮できるのか
私自身はまったく判らない。05年のコンフェデではいい
サッカーをみせてくれたが、あの大会が真の真剣勝負では
ばい事は明らか。そうなると、アジア予選での戦いのみが
真剣勝負という事になるが、この場合は日本の方が実力は
上での戦い。格上相手の試合でどれだけの力を出せるかは
未知数だ。ただし、ジーコ監督になってからはヨーロッパ
での成績がよいのと、親善試合では度々強豪国と互角に
戦っている事を考えると、期待してもいいのではないかと
淡い思いにもかられてしまう。

おもしろかった方、1クリックお願いします!
banner_02.gif

posted by airplane at 19:19| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ■エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個人的には松井が見たかったです。
ワールドカップ楽しみです!
Posted by Terado at 2006年05月24日 13:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。