2006年05月10日

日本VSブルガリア

0205BAr04.jpg
→携帯壁紙はこちら


w杯前の貴重な親善試合。トルシエ監督や、山本監督なら
選手選考のための最終テストという位置づけだと思うが、
ジーコ監督にとっては国内組の現在の調子を見るための
試合との事で、あいかわらずい目的があいまいだ。
とはいえ当落線上の選手は一縷の望みにかけて奮起する
訳で、巻や阿部はまともに見れないくらいの痛々しさが
伝わってきた。

試合の方は開始早々の1点目が痛い。試合開始すぐは危険
と言われているが、相手は日本を研究しているのか偶然かは
定かではないが、左サイドにフリーな選手を与えてしまった
時点で、1点プレゼントしてあげたようなものだ。
この後は日本ペースとはいうものの、ぶっつけなメンバーで
あるからか攻撃はちぐはぐだ。玉田や、阿部の個の輝きで活路
を見出すしかない。試合全体を通じていえることだが、
ブルガリアは試合運びがうまい。無理をせずバックラインで
回し、日本が前に人数をかけるとカウンターを
しかけてくる。相手はw杯予選で敗退し、チームを作り始めた
ばかりなのだから日本はチームプレーで上回らなくてはならない。
前半は10本のシュートを打ったのだが、0点。惜しいシュート
も2本あった。相変わらずの決定力不足。

後半小野、小笠原投入で明らかに流れが変わった。小野を中心に
何度か決定機を作り出す。やっと得点のにおいがしてきたと
思っていたら、こぼれ球がサントスの前に、グラインダーの
シュートはゴール前へ、巻が少し触り方向が変わりゴール。
軸足にあたったようにみえた。この後佐藤を投入し、逆転の
ゴールを目指すが、息を吹き返し始めたブルガリア相手
に得点は奪えずロスタイムにフリーキックから1点奪われ
万事休す。

少ないチャンスをものにしたブルガリアはさすがに
クロアチアから3点とっただけはある攻撃力を見せた。

この時期は結果より内容だと思うが、内容もあまりよく
ないだけに、w杯に不安ばかり募る。しかし試合開始と
終了間際の失点は、逆に親善試合で
起きてよかったともいえる。最終予選のバーレーン戦前の
キリン杯もたしか、無様な内容だったような気がするいのが、
慰めになる。改めて、このチームは選手ありきで、
戦術ありきではないというのがわかった。海外組がが入ると
またまったく違うチームになるのだろう。

おもしろかった方、1クリックお願いします!
banner_02.gif

posted by airplane at 10:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17614722

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。