2006年02月13日

日本対アメリカ 日本に守る文化なし

02BAR05.jpg

→携帯壁紙はこちら


先週の金曜日に新宿ゴールデン街にて、
朝まで呑んだくれ、相当な二日酔いで、
日本対アメリカをテレビで観戦した。
前半の辛い内容にも、酔っているからか、
あまり絶望感が無い。立ち上がりの10分程は
調子が良かったとの事だが、ここのあたり
記憶がない。加治がシュートを撃った所から、
記憶があるのだが、この時間帯から、
前半終了まで、怒濤のアメリカの攻撃に晒される
事になる。シュート数はアメリカの16に対して
日本は1、数字からも絶望が....
コンディションの差や、グラウンドの状態が
あるにせよ、あまりに酷い内容だが、不思議と
そんなに心配にならない。
何故ならば、押し込まれている原因が明からだ。
1 フォーメションの問題。
2 ボランチのコンディション不良。

1に関しては、3-6-1がまったく機能しなかった事。
6の部分中盤で主導権を握り、こちらのポゼッション
から、前の3人の攻撃力で得点までもっていくという
青写真が見てきたが、アメリカの高い位置での
プレッシングに手を焼き、見事に3バックの弱点と
言われているサイドの主導権を握られてしまった。
3バックが欧州で、廃れてのもこのあたりに原因が
あるのだが。ただしジーコ監督の下では、3バック
というよりは5バックと表現した方がよいのだろう。
アジアカップを制した堅守からのサッカーは
W杯出場レベルの相手の攻撃力には通用しないの
かもしれない。それと1トップに関しては、
判断が難しい。前線からのプレッシャーが
なかったから相手を自由にしてしまったとも
考えられるが、むしろ3バックの方に原因があった
ように思える。久保よりも小野の方が心配だ。
2列目での前半は完全にグランドから消えていた。

2に関してはこれが彼等の実力ではなく単に
コンデイションの問題であったと考えたい。
パスはカットされる、守備はできない、ゲーム
つくれないと悪い所しか目に付かなかった。
特にゲームを作れないといのが、一番大きかった
用に思える。

以上の二つに加えてアメリカのようなサッカー
と対戦していないというのもあるかもしれない。
日本の1失点目に顕著だが、
高い位置でボールを奪う、
サイドからロングボールFWが落とした所に
後ろから走り込んできた選手がシュートと実に
単純な崩し方をしてくる。
日本は見事にやられた訳だが、ロングボール
への対応が出来るチームであれば、失点は避けれた
だろうと思われる。

後半は相手の運動量が落ちてきた事と、1が4-4-2
に、ボランチの二人が交代した事によって良くなった。
この時間帯からはようやく日本の本来の繋ぐサッカーが
出せるようになってきた。日本の1点目は非常に美しい
日本らしい繋ぎからのゴール。
このアメリカ戦もテストマッチであるので、問題が
表面化したのは非常にいい事。ただし、敗戦からの
学習能力が必要になる。惨敗で思い出すのが、去年の
メキシコ戦たしかこの時も3ー6ー1であったような
気がする。心配なのは格上相手に何も出来ない時に
耐えて耐えて勝つという勝ち方を見た事がない事。
今回のアメリカ戦や、メキシコ戦のようにあっさり
負けるか、或いは、チェコ戦や、イングランド戦、
ブラジル戦等のように前に出て打ち合って、引き分けか
勝ちかの内容。

ここでようやくタイトルの言葉が出てくる。
『日本に守る文化なし』とは前任者トルシエの言葉だが、
非常に重要な示唆を与えてくれている。
W杯本番では、捨て身の4ー4ー2で、前に出て打ち合いが
個人的にはいいと思うのだが、如何に。


おもしろかった方、1クリックお願いします!
banner_02.gif
posted by airplane at 14:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。