2005年12月14日

人間まんぢう(ハード) w/カレーソース

nman240.jpg

音の悲しい事のニンゲンマンから、エッセイが届きましたので
みなさん是非!!

ニンゲンマン、って思いついたのはもう十年以上前のこと。
軽い不条理的な言葉遊びが好きだ。ごはん丼とか、
そんなやつ。
阿部公房をよく読んだ。箱男とか、好きだ。

好きなものが多い。
色々なおいしいもの、例えば笹塚のエムズカレーの野菜カレー。
甘く辛く深くさわやか。
気持ちのいい音、手や足の関節を鳴らすような。
香ばしく切ない。知らない町の商店街とか。
なんか面白いことがありそうで。
この店の一日の売り上げは!とか考える。

不思議なお店がある。不思議なことは好きだ。
うちの近所に、古いレストランがあって、
そこは大きな街道沿いにあって、人通りも多いし
目立つのだけど、客がいるところを見たことがない。
店はガラス張りで中の様子は丸見えなのだが、
店主らしきおじさんが客席に座って新聞を
じっと見つめてるという図いがいは、見たことがない。
考えてみると、その様子はもう6、7年は続いてるように思う。
そしてなぜか物好きな自分もそこに入ろうとは
思ったことがない。かなり見慣れた風景。でも不思議だ。

嫌いなものは少ないが、ある。
色んな苦手な食べ物、きゅうりとか。
切ないくらいに体が拒否をする。
いやな音は、発泡スチロールなんかがこすれる音。
キュルッみたいな。目頭が冷たくなる。
道にゴミを捨てるのも寒い。
戦争は終わらないんだ、って思ってしまう。

自分がどんな人なのかを書いたり話したりするのは、
楽しいことだと思う。

そんなことに気づいてニンゲンマンをやりはじめたっぽい。

by ニンゲンマン
posted by airplane at 18:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10660053

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。